So-net無料ブログ作成
検索選択
アフィリエイト収入

1404 再会 [詩・エッセイ]

 
「再会」
 
愛読させて貰っているtamanossimoさんのブログは、
とても洒落ていて、エスプリが効いていて、とても素敵なブログです。
そのブログで教えて貰ったのですが、
金子由香里さんの「再会」を聴いて感動してしまいました。
そのメロディーも素晴らしいし、訳詞も素晴らしく、唄っている金子由香里さんも素晴らしかった。
 
それよりも何よりも驚いたのは、
私が今書いている小説ノスタルジア物語」の中に書いている、
初恋の続編が「再会」という題名だったのです。
それもその内容が、訳詞と酷似していると思ったのですが、
この事を友人に言ったら、
とても酷似しているとは思えないと言われてしまいました。
冷静になって考えて見れば、
友人の言う通り、ストーリーも違えば、何もかも違うかもしれないのです。
 
その訳詞のストーリーは、
昔? 愛していた男に再会して、懐かしさのあまり 呼び止めて話し込んでしまうというものです。
 
私の小説の内容は、
幼馴染みの若い男と女が恋に堕ちてしまうが、
若い女の裏切りにあい別れたのに、
忘れることができなくて苦しみ、
十数年後北海道で再開するというストーリーです。
確かに酷似もしていなければ似てもいないかもしれないが、
別れても、どうしても忘れることの出来ない、男と女の切ない悲しみのイメージだけは同じだと思っています。
男が女を好きになる。
女が男を好きになる。
この事だけは、古今東西変ることがないのが恋をすることだと思います。
 
それにしても本当に驚いたのです。
イメージだけかもしれませんが、題名まで同じだとは、 
 それも書き上げて、
まだ一ヶ月も経っていないものでした。
 
tamanossimoさんに感謝です。
ご推奨の「再会」
聴いたことのない人は是非聴いてみて下さい。
心に残る傑作です。
 

nice!(53)  コメント(20) 

nice! 53

コメント 20

mimimomo

こんにちは^^
人間の営みはみな似たり寄ったりでしょうから「酷似」していると感じることもありますよね^^ ましたや題名が同じだと。
でも一人ひとり、細かく見るとやはり違う。
未来さんの小説、どんな風かなぁ~待ってますよ^^
by mimimomo (2016-09-26 12:20) 

未来

mimimomoさんへ
舞台設定や、色んな所が違っていても、
その底に潜むイメージのようなものが似ていたから驚きました。
それも書き上げてから、間もない出来事でしたから。
mimimomoさん、ありがとうございます。
頭の中に空洞があると言われてから書き始めたのですから、
どんなものになるか、書けるのかも心配したのですが、
自分で言うのもなんですが、
自分の中では最良のものが出来たのではないかと思っております。
自画自賛です。
by 未来 (2016-09-26 13:02) 

みぃにゃん

十人十色と言いますが人によって捉え方様々ですね!
by みぃにゃん (2016-09-26 18:33) 

未来

みぃにゃんさんへ
その通りですね。
同じものを見ても、それぞれに見る角度が違い、
それにより違うものになって見えるのでしょうね。
by 未来 (2016-09-26 18:46) 

yakko

お早うございます。
それはビックリなさったでしょう !
未来さんの小説も楽しみだし、「再会」を聴いてみたいです。
by yakko (2016-09-27 09:52) 

リュカ

わ~
そういうお話なのですね!
読みたい読みたい^^
昔むかし、小学生くらいのころに好きだったひとには
再会してみたいなーって思ってますもん^^
by リュカ (2016-09-27 10:38) 

未来

yakkoさんへ
ありがとうございます。
自分がイメージしているものとそっくりだったので驚いてしまいました。
パソコンに。金子由香里と「再会」を押してもらうと画面が出て来ます。
是非聴いて欲しいです。
by 未来 (2016-09-28 07:28) 

未来

リュカさんへ
「ノスタルジア物語」の総文字数は190334字にもなり、
大長編となってしまいましたが、山本周五郎の「青べか物語」のような、
短編と中編で繋がっている物語です。
草深い故郷の月の川村を舞台にした、親子二代に渡る恋物語、
リュカさんと同じように、幼馴染同士の禁断の恋もあり、
波乱万丈の物語なんです。
by 未来 (2016-09-28 07:46) 

ラン

忘れられない人との再会って憧れでもあります。もはや、“その人”ではなく、“その当時のドキドキした気持ち”が忘れられないのかもしれませんが、、、。
by ラン (2016-09-30 01:16) 

未来

ランさんへ
人間の心の強さと言うのでしょうか、弱さと言うのでしようか、
その人の心の中に刻み込まれてしまっている憧れの人に出会うことは、
純粋であった頃の事でもあり忘れられないばかりか、
新たに火が付いたりするかもしれませんね。
by 未来 (2016-09-30 09:22) 

oko

再会って言う言葉・・・
素敵ですよね〜♪
色々、会ってみたい人が居ます♪
by oko (2016-10-01 07:26) 

未来

0k0さんへ
会う予定があって再会するのも嬉しいけれど、
思い掛けなく再開するなんて最高に嬉しいでしょうね。
でも中には、切なくて苦しいような再会もあるでしょうね。
by 未来 (2016-10-01 13:51) 

風船かずら

昔好きだった人今どうしているかしら、偶然再会なんてしたらきっとびっくりでしょうね。ずいぶんおじいさんになったり、おばあさんになったりと思うでしょう。でもあってみたい。
未来さんの本も完成まじかのようですね。ブログで知っている人の作品だと読んでみたいな。
by 風船かずら (2016-10-01 15:27) 

タックン

金子由香里さんの「再会」何度か聴いたことがあります。
シャンソンで語られるドラマは心を打ちますね。
未來さんの小説は恋物語とか、本当に楽しみです♪
by タックン (2016-10-01 21:33) 

未来

風船かずらさんへ
励ましのお言葉、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。
僕の自論ではなくて、誰でもそうなのだと思うのですが、
体は間違いなく老いて行きますが、心は違うことを実感しています。
好きだった人のことは忘れられるものではありませんね。
でも、本当に会ってみたいものですね。
by 未来 (2016-10-02 06:56) 

未来

タックンさんへ
恥ずかしながら金子由香里さんの歌は聞いたことはあるのですが、
「再会」を聴いたのは数日前なんです。
よく考えて見れば舞台設定も何もかも違うのですが、
イメージだけは同じだと思ったもので舞い上がってしまいました。

頭に空洞が出来ていると言われて書き始めた小説なのですが、
苦しみもありますが、毎日が楽しく充実しています。
毎日が小説漬けで畑に行く時間が少なくなってしまいました。
トータルでは千枚以上書いたでしょうか、それを半分くらいに推敲しました。
まだ完全に頭が壊れていないのが嬉しいですね。

by 未来 (2016-10-02 07:18) 

tamanossimo

遅くなっちゃって…
拙い記事ですのに…ありがとうございます♪
「再会」はきっとうれしく哀しいものですね…
by tamanossimo (2016-10-03 06:36) 

未来

tamanossimoさんへ
記事を使わせて頂いて、ありがとう御座いました。
私の余りにも拙い泥臭いブログに比べて、
天と地の違いのあるtamanossimoさんのブログは羨望の的です。
濃密な想い出があるほど「再会」は甘くもあるけれど、
哀しいものですね。
by 未来 (2016-10-03 15:18) 

lamer

出会いの素晴らしさも幾つか在りました。
その出会いが今の仕事に繋がっています。
また、絵の会に関わって中でも沢山の出会いと幾つもの別れが在りました。
これからは出会いよりも別れの方が多くなると思います。
出会いは嬉しいけれど分かれは寂しく哀しいです。
by lamer (2016-10-04 23:12) 

未来

lamerさんへ
良い出会いがあり、それが素晴らしいお仕事に結び付いたのですね。
lamerさんの言われている通り、
私も出会いよりは別れの方が多くなり不安を感じています。
出会いは別れの始めだとか、ほんとに寂しくて悲しいです。
by 未来 (2016-10-05 06:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る