So-net無料ブログ作成
検索選択
アフィリエイト収入

1424 つばくろの六ちゃんのこと [詩・エッセイ]


「つばくろの六ちゃんのこと」


燕が空気を切り裂くような見事な曲芸飛行術を見る季節になると

つばくろの六ちゃんのことを想い出す


人生五十年という言葉は死語になってしまったかもしれないが

大震災のあった翌年

わたしは昔上州といわれていた土地単身赴任したことがある

齢五十の大台に乗ったばかりであった

若い頃の一人暮らしは何ともなかったが

この歳の一人暮らしは

無性に遣る瀬無いものである


その日の雨は

しとしとしとと降ってなかなか止みそうになかった

まわりの麦畑の青が

灰色の空と対比して どきついばかりに鮮やかな色彩に見えた

それを見るともなくばくぜんと眺めていたら

軒下の洗濯竿に雨宿りの小鳥が一羽とまった

雨がしの打つ屋根の音はますますひどくなり

小鳥はなかなか飛び立てそうになかった


わたしのなかの忘れていた悪戯心が眼をさまし

ゆっくり立ち上がると

ガラス戸に近寄り そっと開けた

それでも小鳥は気がつかない

戯れに洗濯竿の小鳥にすばやく手をのばすと

掌の中には小鳥が握られていた

その柔らかい羽根ごしに伝わるぬくもりが焼けるように熱く感じられた

小鳥の名前は知らない


すぐに逃がしてやるつもりであったが

小鳥は暴れて窓ガラスに何度もなんども当たり

わたしの掌の中にもどった

少しの時間でよいから話し相手になってくれよと願いしたら

言葉が通じたのか

おとなしくなって炬燵の上にとまった


珍しい賓客に

お食事でもてなしをしなくてはならないと

傘をさして野菜畑に入り虫を探したがなかなか見つからなかった

やっと四匹の青虫をつかまえて

その青虫でもてなした


すぐに逃がしてやるつもりであったが

その小鳥はわたしに懐いてしまい掌の上にとまったり肩に乗っかかったりするようになったので

もう一日 もう一日と思っている間に一週間が経ってしまった

その小鳥はますます懐いて風呂まで一緒に入るようになってしまった

それから又一週間ぐらいたった或る日

会社から帰ると小鳥は畳の上に横たわり冷たくなって死んでいた


気まぐれおっさんの寂しさをまぎらわすために

小鳥は死んだ

その小鳥は燕であった

nice!(59)  コメント(24) 

nice! 59

コメント 24

侘び助

切ないお話ですが・・・ツバメがそんなに懐くとは・・・吃驚です。
by 侘び助 (2017-05-31 17:25) 

いろは

こんにちは^^
私も一番に切ないお話と思いましたが、寂しい未来さんに神様が
ひと時の慰めに遣わしてくださったのでは無いかと...
そのツバメはもう寿命が来ていたので、未来さんのお役に立ちたいと思い願い出たのかも知れません^^
by いろは (2017-05-31 17:35) 

未来

侘び助さんへ
恥ずかしい話しですが、
初めのうちはツバメだとは気が付かなかったです。
本当によく懐いていましたから可愛くて堪りませんでした。
by 未来 (2017-05-31 17:53) 

未来

いろはさんへ
ありがとうございます。
いろはさんのように優しく解釈して頂くと有難いです。
一人暮らしは寂しいものだと、あの歳でも考えたのですから、
この歳になっての一人暮らしを考えると恐ろしい気がします。
たとえ人間とツバメであっても、心は通じあえるものだと思いました。
by 未来 (2017-05-31 17:59) 

みぃにゃん

鳥は命をかけて癒してくれたのですね。いつまでも忘れてはいけませんね。
by みぃにゃん (2017-05-31 18:04) 

未来

みぃにゃんさんへ
その通りですね。
何時まで経っても忘れられない話になってしまいました。
時々夢にさえ見ることがあります。
by 未来 (2017-05-31 18:11) 

旅爺さん

懐かしい想い出ですね。
爺も慣らしたスズメと一緒にご飯食べたりしてましたが、
猫にやられてしまいました。
by 旅爺さん (2017-05-31 18:16) 

未来

旅爺さんへ
スズメを慣らされていたのですか、
スズメは、なかなか慣れないと聞きますが、
一緒にご飯を食べたりするなんて凄いですね。
猫には善悪が分かりませんから辛いですね。
by 未来 (2017-05-31 19:08) 

mimimomo

こんばんは^^
何故死んじゃったのかしら・・・(__;
燕さん、未来さんを慰めに天から舞い降りた天使? きっと天に戻って行ったのだわ。
by mimimomo (2017-05-31 19:19) 

yakko

こんばんは。
可愛い雀ちゃんでしたね。ブログを新しくしました。
よろしくお願いいたします。(_ _)
by yakko (2017-05-31 21:12) 

ニッキー

六ちゃん、きっと未来さんの寂しさを癒しに来てくれたんですね。
今でも六ちゃんのことをこんな風に思い出してくれる未来さんだからこそ、そこまで懐いてくれたんだと思います。

by ニッキー (2017-05-31 21:41) 

未来

mimimomoさんへ
朝、会社に出掛ける時は元気だったのに、
帰って来たら動かなくなっていました。
早く逃がしてやればよかったと悔やみましたが、
ほんと、天使だったのかもしれませんね。
by 未来 (2017-06-01 06:19) 

未来

yakkoさんへ
懐いてくれて、とても可愛かったです。
ブログを新しくされたのですね。
これからも宜しくお願いします。
by 未来 (2017-06-01 06:22) 

未来

ニッキーさんへ
ありがとうございます。
五十代になって、それも初めての単身赴任だったので、
とても心細かったのだと思います。
ひょんなことから、六ちゃんを想い出すことがあります。
by 未来 (2017-06-01 06:26) 

ミントパパ

僕が50歳で退職した理由の一つに単身赴任があります。
スーパーでたまたま見つけた2鉢の植物と暮らしていました。

野鳥の飼育はとても難しいです。手間も掛ります。ツバメは特に難しいと思います。

by ミントパパ (2017-06-01 06:32) 

oko

お風呂までつきあってくれるなんて・・・
優しいツバメさんでしたね・・・
by oko (2017-06-01 07:23) 

未来

ミントパパさんへ
ミントパパさんもそうでしたか。
人はそれぞれでしょうが、
単身赴任はやったことがない人には理解出来ないかもしれませんが、
物事を深く感じさせるものですね。

恥ずかしながら、飼っている時は種類が分かりませんでした。
by 未来 (2017-06-01 07:36) 

未来

okoさんへ
ほんと、あそこまで親しく懐いてくれるとは思いもしませんでした。
心が通じ合えるというのですか、
可愛くて、とてもやさしい六ちゃんでした。
by 未来 (2017-06-01 07:40) 

リュカ

切ないですが、心が通じたんだと思います。
六ちゃんは望んでそばにいたと思うから^^
わたしも子猫で切ない体験があります。
いまでも、その出来事に関する匂いを嗅ぐと涙がとまらなくなるので、避けてる匂いがありますorz...
by リュカ (2017-06-02 10:48) 

未来

リュカさん
相手は物言わぬ生き物ですから尚更こたえるのでしょうね。
こういう切ない話しは歳月がたっても薄まるものでもなく、
かえって悲しみが増幅されるみたいです。
それだけ濃密に繋がっているのだと思いたいですね。
by 未来 (2017-06-02 16:20) 

タックン

ツバメがそんなに懐くとはびっくりです。
2週間も一緒に暮らしたら、もう家族ですよね。
どなたか言ってらしたように
ツバメはもう寿命だったのかもしれませんね。
最後の時を未來さんと暮らせて幸せだったかも。
私は懐きすぎたインコを足で踏み殺してしまったことがあって
今でも思い出すと胸が締め付けられます。
by タックン (2017-06-03 09:19) 

ミントパパ

再度のコメントごめんなさい。
色々思い出してしまいました。
以前飼っていた猫は、ノラで産まれ、ノラで育った完全なノラ猫でした。
病気になって死に掛かっているのを保護しました。
元ノラ猫があれほど懐いてくれるとは自分でも思わなかったし、ノラ時代を知っている人も驚いていました。

幼い時の縁日のヒヨコから始まり、多くの鳥類の死を見てきました。タックンさんと同じような経験もあります。その数は100羽以上でしょう。
金魚やメダカなどもそうだし、犬2頭、猫2頭との別れも経験しました。多分、猫はもう2頭を看取ることになるでしょう。なんか切ないです。
それでも生き物を飼う事は喜びでした。
自分の余命を考えると、今飼っている猫で最後にしようと思っています。
by ミントパパ (2017-06-04 10:51) 

未来

タックンさんへ
コメントが遅くなってしまい申し訳ありません。

タックンさんも辛い想い出がおありになるんですね。
辛い想い出はなかなか消えてくれなくて、
何時までも記憶の底に残ってしまうものなんですね。
最近の出来事は簡単に忘れてしまうのに不思議でなりません。
ツバメの事は、
タックンさんが言われたように思うことにします。
by 未来 (2017-06-05 14:04) 

未来

ミントパパさんへ
ミントパパさんの気持ちがよく分ります。
生きものを飼うということは、
ほとんどのペットは人間よりも寿命が短いので見送ることになってしまうから辛いですね。
そのペットたちの死は辛いものですが、
それ以上のものを人間に分け与えてくれるから、
またペットを飼いたくなるのでしょうね。
by 未来 (2017-06-05 14:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る