So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入

1370 なきむしじじい [詩・エッセイ]

 
 
 「なきむしじじい」
 
 
おさないころからなきむしだつたが
なきむしは
いつまでたってもなきむしだ
たとえ
おとなになってもじじいになっても
なきむしはなきむしのままだ
 
まちなかでみかけたあのひととあのむすめは
よくにていた
ほろにがいあくむのようなかんびなような
おもいでは
わすれようとおもってもわすれられない
いつもふいにおそってくる
 
いなおって
そんなおもいでをさかなに
ひとりのむさけは
にがくてしょっぱいあじがする
 
おいさらばえて
すぎさりしひびになんぼいいわけをしてみても
ひとくち
またひとくちとのむほどにさけはにがくなり
ぼろぼろ
ぼろほろとなみだはこぼれたり
 
いろりのひとつめたいかぜだけが
すきまかぜのはいる
あたまをひやし
ぶしょうひげのはえたほおを
かわかしてくれる
 
 
 

 
 
 
 

nice!(2)  コメント(0) 

1365 戦争とテロの果てにあるのはカオスだけ [詩・エッセイ]

 
 「「パリ同時多発テロ・「君は負けた」について…戦争とテロの果てにあるのはカオスだけ」
 
 
パリの同時多発テロで妻を失った男性のメッセージが
世界で共感を呼んでいるという
わたしも犠牲になられた奥様とあなたと子供さんには心より同情している
だけど
あなたの書いた「君の負けだ」は
陳腐である
宗教のいやな匂いのする
何処かで聞いたことのある言葉の焼き直しいがいのなにものでもない
 
テロは恐ろしい
テロは言い知れぬ底の知れない恐怖を人に与える
卑劣極まりない犯罪であり
やった奴は地獄に堕ちるだろう
 
そのテロリストの犯罪より もっと恐ろしい犯罪がある
それは戦争である
 
 9・11テロによるアメリカ人の犠牲者は約3000人
パリ同時多発テロによる犠牲者は129人
世界各国で数多く起きているテロの犠牲者は多くても何百人単位
戦争に比べて見たら犠牲者の数は天と地の違いがある
 
それに比べて 
アメリカ大統領がイラクに大量破壊兵器があるといって始めた
イラク戦争の犠牲者は
50万人とも~65万5千人ともいわれている
現在行われていて
何時終わるともしれないシリアの戦争の被害者は
25万人をこえたともいわれている
 
この混沌とした戦争の種を蒔いたのは
だれだ
アメリカであり フランスであり イギリスなどの
帝国主義 ではないか
あなたたちは その国でなにをしてきたのだ
 
その行為は
自由でもなければ 平等でもない ましてや博愛でもない
やったのは
搾取することと
自由を奪い拷問することと
人不足を解消るために現地の人を連れて来ただけではないか
 
それと互いに受け入れることの出来ない
キリスト教 ユダヤ教 イスラム教などの一神教たちが
戦争の種を
世界中に蒔き散らかし
今も尚終わることのない戦争を続けている
 
テロは恐ろしい
だけど
もっと恐ろしいのは
戦争なのだ
 
 戦争がすべての悪の根源である
戦争が
冷血で強欲な親なら
その反吐が出るような醜い子供が
テロなのだ
 
戦争とテロの果てにあるものは
どす黒い海と
血の色をした真っ赤な空
 これから
世界中の人々は
暗黒のカオスのなかで暮らすことになる
 
 

nice!(71)  コメント(44) 

1364 墓石を捨てる坊主たち [詩・エッセイ]

 
「墓石を捨てる坊主たち 」
 
人の体を 人の心を 人の魂を
わたしたちの血肉を営々と繋いでくれくれた
ご先祖様の
 眠っていた墓石が
 チューインガムを咬んで捨てるように
何の役にもたたなくなってしまった
不用品として
まるでゴミか塵芥のように
土砂か瓦礫のように無造作に捨てられていたり
整然と材木でも横倒しにして積み上げるかのように うず高く積まれている
そんな罰当たりのような
光景が至る所で見受けられるようになった
 
 この話とは何の脈絡もないのに
誰でもいいから人を殺してみたかつた
そんな言葉がわたしの脳裏をかすめていった
 
墓石が捨てられる理由は
その子孫が墓参りにも来なくなり
墓が荒れ放題になり
坊主の供養料がもらえなくなり実入りが少なくなったので
金を産み出さなくなった墓は
無用の長物なのだという
その外にも何らかの理由はあるだろう
だけど
たとえどんな理由があるにせよ
この光景は異様であり
罰当たりである
そんな光景を子供たちは何とみるのであろう か
 
わたしは坊主の言うことなど信じてはいないし
お布施を強要する宗教など信じてはいないが
人間の魂は信じている
 
金を産み出さなくなった墓は
供養しないのが
日本の仏の道であるらしい
それが
日本の坊主の道であるらしい
それが
厳しい修行をして学んだ
坊主の道なのか
 
わたしは思う
もしかしたら魂は無いのかもしれない
だけどわたしは
魂はあるものだと信じたい
なぜなら
魂があると信じているから
今までも生きて来られたし
今も生きている
もし
魂が存在しないのなら
生きる価値も値引きして売り出されることになるであろう
そして
墓標も見失ってしまうかもしれない
 
 
 
 

nice!(57)  コメント(26) 

1363 宝物 [詩・エッセイ]

~近況報告~
ご無沙汰をしております。
惚けと決闘するために十数年ぶりに小説を書いているのですが、
正直、悪戦苦闘しておりますが、でも楽しんでもおります。
野菜を作るためには、子供を育てるような細やかな気配りが大切なように、
小説を書くのも同じだと思っています。
だだし、壊れかかっている頭を使っての創作ですから、
どんなものが出来上がるのかは八百万の神々のお導き次第だと思っています。
今、やっと80枚くらい書いたところです。
ご訪問が、なかなか出来なくて申し訳ないのですが、
忘れないで、時々は想い出して頂けたら嬉しいです。
頑張ります。
 
 
 「宝物」
 
 いいことなんか
なにもなかったと嘆き悲しむ人よ
 
辛いことや悲しいことなんか
鳥の餌にでもくれてやろう
 
苦しいことや嫌なことなんか
魚の餌にでもくれてやろう
 
そして
耳を澄まし心静かに想い出してごらん
 
いいことだって一杯あったじゃないか
楽しかったことだって一杯あったじゃないか
 
生きていてよかったと
心から思ったことだってあったじゃないか
 
そんな想い出を
 心のなかの一番大切なところにしまっておいて
いつでも取り出して見えるようにしておこう
 
それは
あなたが生きていく糧なのだから
それは
あなたのかけがえのない宝物なのだから

 
 
 
 
 

nice!(53)  コメント(30) 
メッセージを送る