So-net無料ブログ作成
検索選択
アフィリエイト収入

1369 十二月 [詩・エッセイ]

 
十二月
 
十二月のはじめ
畑のイチゴに花が咲いた
十二月のなかごろ
イチゴの花は青い実となり
十二月のおわりのころ
その実は赤く熟し
家内と
はんぶんこして食べた
 
 
ことしも世界は
ささくれ立ち
育ちすぎる野菜
腐ってしまう野菜の
二つに
分かれてしまった
 

nice!(67)  コメント(30) 

1368 平々凡々 [詩・エッセイ]

 
平々凡々
 
贅を尽くした美食も望まないし
ブランド品を身に着けたいとも思わない
偉い人になりたいとも思わないし
人が羨むような暮らしがしたいとも思わない
ただ
平々凡々
のんびりとしてゆったりとした
おだやかな人生でありたいと願っているのに
 
そんなささやかな願いでさえも
叶うことの出来ない
今の時間
 
争いばかりが
憎しみだけが
エゴだけが
悪性の癌細胞のように増殖してしまい
天気予報は
聞きなれない言葉を囀り
いつ弾けるかもしれない放射能は
世界中に充満している
 
もう
のんびりとしてゆったりとしたおだやかな人生を生きることも 
平々凡々とした暮らしさえも
高嶺の花 
望むことすら出来ない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


nice!(72)  コメント(32) 

1367 どうすることもできない羅列 [詩・エッセイ]

 
どうすることもできない羅列
 
おぞましい独裁者の国に拉致誘拐され辛い思いをしている人がいても
どうすることもできない
大量破壊兵器があるからといって戦争を仕掛け大勢の人々を殺していても
どうすることもできない
あらゆる悪を成す残虐なテロリスト集団イスラム国に国を追われ逃げ惑う幼子が溺死しても
どうすることもできない
広島や長崎の人たちが原子爆弾開発の実験道具にされ惨たらしく放射能で焼き殺されていても
どうすることもできない
ネイティブアメリカンはヨーロッパ白人によって土地を奪われ 収容所に送られても
どうすることもできない
あらゆる武器がころがっている国アメリカ その武器で乱射され何の罪もない人たちが殺されても
 どうすることもできない
旱魃 洪水 地震 津波 台風 竜巻 火山噴火 水没 それが温暖化のせいだと解っていても
どうすることもできない
アクセルとブレーキを踏み間違えた惚け老人の運転する車に撥ねられた小学生がいても
どうすることもできない
鼻の穴にチューブを差し込まれ長生きしていても
どうすることもできない
誰でもいいから人を殺してみたかつたという若者に殺された人がいても
どうすることもできない
我が身を痛めながら産んだ子供を虐待し食べ物を与えずに飢え死にさせても
どうすることもできない
産まれたばかりの赤ちゃんが麻薬を飲まされ殺されても
どうすることもできない
 
 次から次へと目まぐるしく現われてくる
悲惨極まりないできごと
理不尽極まりないできごと
 どうすることも どうしてあげることもできない
この世の地獄
 
この世の
この生地獄絵の壮観さを見よ
これが地獄なのだ
地獄はあの世にあると言われていたが
豈図らんや
我らは地獄の一丁目一番地のど真ん中の大舞台の観客席に居て
罷り間違えば
その大舞台に立って演じなければならないかもしれない
それは紙一重
 その大舞台ですぐに演じられるのが人間
生まれながらにしての名演技者
それが人間
人間は恐ろしいものなのだ


 
 

nice!(59)  コメント(25) 

1336 パンツの紐 [詩・エッセイ]

 
「パンツの紐」
 
老人とは
古くなって反発力の低下してしまったパンツの
ゴム紐のようなものであるが
その伸びきってしまった
ゴム紐であっても
夢や 希望や 明日を信じていないわけではない
 
それどころか
それを成するため
どれだけ残されているかわからない不確かな時間に狼狽しながら
一分一秒を
惜しみながら使っているのだ
 
 悔みを
金魚の糞のように引きずりながら
やり残してしまった
無数の残骸を引きずりながら
 
一番最後の行に
愚かな人生であったと書きたくないために
リズム感をなくしてまった
その足で
よぼよぼと歩いているのだ
 

nice!(68)  コメント(38) 
メッセージを送る