So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入

1401 ポケモンGO [詩・エッセイ]

 
「ポケモンGO」
 
学者は悪魔の申し子かもしれない
学者といっても
アインシュタインをはじめピンからキリまで いるが
どいつもこいつも名誉と権威は望んでも
倫理観の欠片もないのが
学者なのだ
発明したり開発をしたものがどうなるのか
そんなことはどっちでもいいのだ
それが兵器になり
 人命に与える影響など糞喰らえなのだ
 
その学者の開発した薬で
恵まれた国だけ
口にチューブを咥えて90も100も生きていてよいものであろうか
恵まれている国だけ
生れてから働かなくても生きていてよいのであろうか
 
その一方では
生れたばかりの赤ちゃんの腕が吹き飛ばされ
逃れようとして波間にただよい
汚染された水を飲み
子供が自爆テロに使われたり 人質に取られたりして
殺されても仕方がないのであろうか
 
学者たちが創ったものは
悪魔の思いのまま
かって見たこともない集中豪雨とカラカラに乾いた旱魃
そこに横たうのは
飢えた人と動植物の残骸だけ
 
街に蔓延るのは
スマートフォン狂いか
ボケモンGO狂い が街を覆い尽くし
人をひき殺して
お祭りのように騒いでいる
 
 
 
 

nice!(54)  コメント(16) 

1400 オリンピック [詩・エッセイ]

 
「オリンピック」
 
年に二回の溝浚いの日に
人が半分も出なかっても一番酷い所を受け持ち
畑に行くときに
見知らぬ人に出会うと挨拶をして
無視されてもかまわず
 畑にある水槽に虫が入っていたら
それが害虫であっても
助けてやる
 
本人はすっかり
善い人のつもりでいる
 
オリンピックが始まり
選手たちの闘いが始まると
日本人の選手を応援するあまり
相手の国の選手が負けるのを願い
根拠のない悪口を言い
挙句の果てに
鉄棒から落ちるのを願い
転倒するのを願い
相手がミスをするのを願いながら応援している
私がいた
 
善人ぶってはいたものの
所詮は
醜い自画像にうんざりはするものの
次の闘いが始まると
懲りることもなく相手の不幸を願う
エゴ丸出しの自分がいた
 
 

nice!(55)  コメント(24) 

1399 嬉しい話し [詩・エッセイ]

 
「嬉しい話し」
 
 
「嬉しい話し」というものは、或る日突然やって来る物らしい。
産経新聞の夕刊に「夕焼けエッセー」が連載されている。
そのエッセー掲載が始まって15年になったのを記念して、
2009年度から2015年度に掲載した作品の中から秀作をセレクトし、
書籍を出版することになったとあり、
その中の一編に私の「集金」も選ばれたらしい。
それまでに数回応募したのに、まったく反応もなく諦めていたのに、
或る日突然、
あなたの応募作品「集金」が12月度の月間賞に決まりましたと連絡を受け、
写真付きのインタビュー記事まで載せて頂いたことを想い出しました。
産経新聞も取っているし、新聞社からももらっている筈なのに、
その記事が見当たらない。
現在は、すべてが万事この通りである。
 
脳神経外科クリニックの先生のお墨付きをもらった、
そんな私が
小説を書いているものだから大笑いをしている人も居るが、
それでも私は大真面目に書いている。
確かに頭は惚けているし、その証人にもなれるのだが、
それに反して、
心だけは老いないものであると知ったのは、
青春時代を書いた、
自分の書いたものを読んでからであった。
 
それを読まれると、
人格まで疑われそうで、
何と言われるのかが恐くて躊躇している次第である。

nice!(62)  コメント(24) 
メッセージを送る