So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入

1416 羊の顔 [詩・エッセイ]

 
羊の顔
 
つぶらな瞳
ひくい鼻
つばさのようなしろい耳
あどけない顔
みじかい足
ながくちぢれているよごれた毛
なごませる鳴声
 
その無垢なる佇まいは
美しい
 
クジラなどよりも知能が劣る
愚かな動物だといわれ
蔑まれ
その命を
穢れたパルプに乗せられ
肉にされ
洋服にされてしまう
 
生きとし生ける物の価値を
知能で量るなら
人もそれに倣うのでしょうか
心に病をもつ人もそれに倣うのでしょうか
齢を重ね惚けてしまったらそれに倣うのでしょうか
教えてください
八百万の神々が使っている
天秤で量って
 
その穏やかさ
その和やかさ
その優しさ
 
その無垢なる
お人好しならぬお羊好しのまなざしは
かなしくなるほど凛々しくて
美しい

nice!(64)  コメント(24) 

1415  枯れ葉 [詩・エッセイ]

 
枯れ葉
 
ぼくは
いつも大切なものを失くしてから
知るのが得意だった
 
あのひとの面影も
あのぬくもりも やさしさも
すべてを
失くしてから知った
 
一度失くしてしまったものは
頬を撫でて去って行く
風のように
もう二度と ぼくのもとへは帰って来ない
 
枯れ葉は
季節が巡ると
よみがえって来るけど
 
寒い夜になっても
もうだれも
ぼくをあたためてはくれない

 
 
 

nice!(63)  コメント(16) 

1414  ちっちゃな失業者 [詩・エッセイ]

 
我が家で家族の一員として暮らしていた(みく)の事を、
ノスタルジア物語の中に登場させました。
 
 
ちっちゃな失業者
 
夕日を背に
トコトコと私に駆け寄って来たものがあった
それは
掌に入りそうな仔犬であった
 
それが生きる術なのか
まだ生れて間もない
ちっちゃな赤ちゃん野良犬は
可愛い仕草で
自分の魅力を精一杯売り込んでいる
 
つぶらな大きな瞳で
わたしを見つめながら
尻尾を
団扇のように振って訴えている
 
頭を撫でてやると
ごろんと仰向けになり
産毛越しに透き通って見える斑模様の
柔らかいお腹をおっぴろげ
 
あなたに服従します
雇ってください
食べ物をくださいと
必死の就職活動
 
 
 ちっちゃな赤ちゃん野良犬は
全身全霊を使って
必死に
生きていた。

nice!(55)  コメント(28) 
メッセージを送る