So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入

1418 「ノスタルジア物語・火の名残り(仮題)」・・・幻冬舎にて出版 [詩・エッセイ]

 
「ノスタルジア物語・火の名残り(仮題)」・・・幻冬舎にて出版
 
長い間ブログをお休みして、
小説「ノスタルジア物語・火の名残り(仮題)」の最終稿の推敲をしておりましたが、
ようやく完成して、
2月20日幻冬舎に送ることが出来ました。
 
これは制作費用を自己負担する自費出版ではありますが、
売り上げが好調なら商業出版に切り替わります。
それは容易な事ではなく、
砂浜の中からダイヤモンドを探し出すようなものであると自覚はしておりますが、
頭の中に隙間が出来ていると宣告されてから発奮して書いたものです。
最後の悪足掻きになるやもしれませんが、
夢見る爺の最後の花火のようなものであります。
これからじっくりと時間を掛け、
この本が完成して店頭に並ぶのは10月の予定です。
完成の暁には、
表紙だけでも見て頂けたら有難いと思っております。
 
 
「本の宣伝です。」
 
これから私の担当をして下さる幻冬舎のMFさんが
私の原稿を読んで下さった感想の一文です。
それは商売ですから、
この感想から、半値、八掛け、二割引き するのが常識ですので、
それを差し引いてお読みください。
 
中略、
ノスタルジア物語、大変楽しく拝読させていただきました。
文書表現もですが、物語の構成が素晴らしいです。
中略、
物語を完成させるだけででも苦労される方が多い中、
このような壮大な物語を読者を飽きさせず、
最後まで夢中で読み込ませる山本さまの筆力には舌を巻くばかりです。
 
 
思わず契約したくなってしまう文章です。
と、言うわけで契約した次第です。
 
 皆さんにはご迷惑とは思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

nice!(64)  コメント(34) 
メッセージを送る