So-net無料ブログ作成
検索選択
アフィリエイト収入
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

1427  奇跡のハーモニー [詩・エッセイ]


「奇跡のハーモニー


洋の東西を問わす有史前より

人と生まれたら

人はそれそれに違う心を持って生れて来る

人それぞれの心は

いろんな事を思い

いろんな事を夢み

いろんな希望でふくらんでいる

たとえそれが風雨に曝され色褪せたとしても

人の心は死ぬまで十人十色で終生変わることは無い


どんなに豊かな国に生れようが

どんなに貧しい国に生れようが

どんなに自由の国に生れようが

どんなに身も心も自由のない束縛されてしまう国に生れようが、

どんなに五体満足に生れようが

人は

十人おれば十の心があり

千人いれば千人の心を持って生れて来るのである

それが

私たち人間の心なのだ


生れた人の数だけ心があるのに

それを無理遣り一つに纏めてしまおうとしている集団がある


それは

一党独裁国家であり

民族であり

人種であり

肌の色であり

宗教であり

思想であり

将又両親であったりする

それに準ずるのが

かっては世界のあらゆる国で迫害され差別され虐殺された民が

世界の金融を握り強国になり原発まで持つ強国になると

豹変した

隣国を侵略し そこに入植し

弱者を差別し 無差別爆撃で虐殺し 今や圧政の牙城となっている

それに 不条理に立ち向かうことを諦めてしまった民もまた同じである


人の数だけ心があるのに

人はそれを認めようとしないのは何故なのであろうか

それは人間が生まれ持っている強欲のなせる業ではないのだろうか


そんな国家や人種や 宗教や 思想があるというのに

異次元のような

こんな世界もある



人にはそれぞれ多様な心があるのと同じように

人の声のハーモニーにも

人の数だけ

ユニークで 個性的で 魅力的なハーモニーもたくさんある


その個性的なハーモニーを毛嫌いする人たちもいる

それまでにはそんなハーモニーが無かったからだ

その個性的なハーモニーのすべてを受け入れた人がいる


その人は

どんなハーモニーを持つ人でも排除せず受け入れた

いろんな人の、バラバラで、纏まりのない人たちのハーモニーを受け入れたのである

幾つもある個性的な声、幾つもある魅力的な声

その個性と魅力を

金型に入れて均一にするのではなく

その美しいメロディーの上に

違和感なく個性的なハーモニーと魅力的なハーモニーを重ね

すべての音域の違った幾つもの声のハーモニーをバームクーヘンのように重ね合わせ

無限大の

軌跡のような合唱団を築いたのである


こんなやり方こそが

自然環境も 国際政治も 戦争も紛争も

千千に乱れてしまい地獄図絵と化してしまったかのような

この奇跡の水の星 

蒼い星を救う道はこれしかないと思った

それは

真夏の夢の物語だったのだろうか


私は 軌跡のハーモニー合唱団を聴いて、そう思ったのである









nice!(53)  コメント(18) 

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ
メッセージを送る