So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入
詩・エッセイ ブログトップ
前の10件 | -

1450 九十九歳の解体新書 [詩・エッセイ]


「お忙しい方はスルーして下さい」


七十四歳の誕生日を迎えるまでは、

この年の割には身内の者を弔うという不幸が余りも少なかった。

その平穏な日々が崩れたのは、

意識のないまま五年も眠り続けていた義父が眠ったまま旅立って行ったことである。

覚悟はしていたもののもしかしたら目覚めるのではないかと淡い期待もあり、

子供たちが落胆するのは当然の事であった。

通夜が終わり、翌日の葬式もつつがなく終わったが、

骨折して体の不自由な母親の面倒を見るため家内は夜遅く帰って来て高熱を出した。

翌日、私も高熱を出して医者に診てもらうとインフルエンザ(A)であった。

私は、生まれて初めてのインフルエンザであっる。

家内はタミフルを飲むと、その効能の通り一週間で治った。

私はタミフルを飲んで四日目で36度まで熱が下がった。

その翌日からは39度前後の高熱が続き、

恐ろしいほどの咳や痰に見舞われている。

あと一つは書きたい。

肺炎を疑い私は翌日病院に行き意識朦朧としながら二時間半も待たされた。

看護婦さんは優しかったが事務方は優しくなかった。





「九十九歳の解体新書」


私の義父は、難病のレビー小体型認知症を患い、生々しい幻覚に

悩まされ続けながら三年、更に意識が無くなってから五年余りも眠り

続け、白寿を迎える一年を前にした一月の寒い朝、眠ったままあの世

に旅立った。意識が無くなってからも家族の者が「お祖父ちゃん来

たよ」と病院に行って話し掛けると「おぅ」とか「あぁ」とか声を

出し、手足や顔を撫で擦ってやると色んな反応を見せていたから、

何時かは目覚めるかもしれないと淡い期待を抱いていたのに、月

日が堆積されるごとに反応は鈍くなりはじめ、定められた蝋燭の 

炎は燃え尽きてしまったのである。              

斎場で、咲き乱れる花に埋もれ華麗なる柩で焼き場に向かったは

ずの台車なのに、、白く焼かれて柩の残骸を乗せて戻って来たそれ

を見て、私は何の脈拍もなく「広島平和記念資料館」で見たことの

ある写真を連想してしまったのである。その広島と、義父とはな

んのつながりもなければ話をしたこともなかった。その台車の上

に残った骨を斎場の職員が「これがの徒仏で御座います」「これ

が膝の骨です」などと解説している姿は、まるで解体新書」の腑

分けのようであった。よくも兵隊にとられたものだと思うほどに

小柄で、生真面目で、善良であったエピソードに事欠かない、小市

民の代表のような義父であ。その義父が生前にたった一度だけ、

お墓参りの途中の山の中で、子供や、孫や、私たちを座らせ、

義父が戦場で体験した身の毛だつような生々しい恐ろしい話を

してくれたことがあった。その話を残したいから活字にして欲

しいと私に頼み、それから数年して義父は病に倒れたが、私は

義父に頼まれたことを、まだ一行も書いていない。その葬式の

日、車窓から見える白鷺城のある兵庫県南部に、私の好きな

雪が降った。                     




nice!(65)  コメント(33) 

1449 そして誰もいなくなった [詩・エッセイ]


「そして誰も居なくなった」


里に

人が一人いなくなり

二人いなくなり

牛のゲップの音も

馬の嘶きの声もしなくなり

お店がなくなり

電車もバスも走らなくなりました


里に

赤ちゃんの泣き声がしなくなり

子供たちの甲高い喚き声も聞かなくなり

学校は廃校になってしまいました

春と秋が来なくなり

夏と冬だけになりました


里に

残ったのは

お爺さんとお婆さん

そして

目脂をつけてよろよろと歩く猫と

涎を垂らしながらよたよたと歩いている犬だけでした


里で

灼熱の夏にお爺さんが亡くなり

厳冬の冬にお婆さんも亡くなりました

よろよろ歩いていた猫も

よたよた歩いていた犬も

同じように亡くなってしまいました


そして

里には誰も居なくなり

残ったのは

荒れ果てた山と 田圃と 畑と 墓石だけでした


そして

里の主になったのは

虫と

鳥と

獣たちと

あてどもなく彷徨う魂を乗せた

風と

雲だけでした

nice!(62)  コメント(32) 

1448 神田神保町 [詩・エッセイ]


ぐうたらな性格である私は、

自分を追い込まなかったら何もしないで歳を取るばかりの男です。

それは自分の過去をふり返って見れば一目瞭然なので、

それならばと奮起して新しい小説を書くことにしました。

題名は「神田神保町」です。

この題材は十数年前から温めていたもので、

物語は、

東京の神田神保町の古書街で出会った若い二人の男女が恋をして結ばれ、

共に五十代にさしかかった頃、

或る日突然、最愛の妻に先立たれ苦悩し再起する物語です。

書き始めたのは

七十四歳になった私の誕生日の12月24日のクリスマスイブの日でした。

完成するのは今年の誕生日の予定です。

壊れかかった頭なので、

この小説は完成するかどうかは分りません。

どうして頭の壊れかかった今になって書くのでしょう?

自分でも理解出来ません。

強いて言うなら「神田神保町」の題名が気に入っているから、

どうしても、これだけは書きたかったのかもしれません。



(その中の一章の断片より)

第二章・神田神保町

神田神保町は世界一の本の街であるが、私と雅子にとって青春そ

のものの街であった。                                                     

神田神保町古書街は、主に、東京都千代田区神田神保町にある古

書店などが密集している場所の総称であり、岩波書店、小学館、な

どの大手出版社、印刷所、新館を扱う一般書店の他に、専修大学、

明治大学、日本大学など大学、学術関係の施設もあり、これらが一

 体となって本の街、神田神保町を形作っている。         

神田神保町には、十月下旬より、十一月初旬にかけての十日間、

神田古書連盟による最大の年中行事「神田古本祭」が開催される。

書物に関する様々なイベントを通し、多くの読書人に支持され、

近年は東京名物として定着し、日本全国はもとより、海外からも

多くの人々が訪れている。                 

靖国通りの歩道には、古書店百六十店、在庫一千万冊を誇る青空

古本市と呼ばれる書店と書棚に囲まれた約五百メートルの回路出

現する。                                                                      

そこには本の街の文化遺産、希少書の展示、博物館や美術館でしか

見られない古典籍から肉質資料、近代初版本、普段店頭には見られ

ない内外の貴重書籍を集めたイベントがあり、本好きのお宝探しに

は堪らない催しものである。                                              


   私と雅子の出会いは神田神保町の古本屋であった。         

私が田舎の高校を卒業して東京の葛飾区にある鉄工所に就職して間も 

ない頃で、雅子は成城の高級住宅街の大邸宅に住むT大学経済学部の二

回生で私よりも一つ年上であったが、その境涯も天と地ほどの違いが

あった。                           




                           




          

                 



nice!(65)  コメント(32) 

1447 [詩・エッセイ]


「日は昇る」


雲のすき間から日は昇り

風は凪いで

おだやかな初日の出は空に向って昇って行く

美しい

なんとゆう美しい光景なのだろう

ありきたりの

昨日の続きの日の出なのに

あらためて

その美しさに見惚れてしまう


この美しさを

当たり前だと思うのはやめよう

私たちの命に終わりが来るように

いつまでも

日本に四季があると思うのもやめよう

この蒼い水の星

地球が永遠ではないように

何時かは終わりが来る

すべてのものに終わりが来るように

何時かは消えてしまう

だけど

眼に焼付けた光景だけは永遠なのだ

それだけが真実なのだから




nice!(62)  コメント(42) 

1446 なまけもの [詩・エッセイ]


なまけもの


ぼくのからだは

なまけもの


つらいことや

かなしいことには

そっぽをむいてしらんふり

らくなほう

たのしいほうばかりに

なびいてしまう


ぼくのからだは

なまけもの


かなしいことより

たのしいことがすき

nice!(65)  コメント(41) 

1445  四人の無法者 [詩・エッセイ]


「四人の無法者」


二十一世紀になって十七年

世界は

アメリカのトランプ大統領

ロシアのプーチン大統領

中国の習近平主席

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

この四人の

不寛容で自分の利益しか考えない

無法者の

独裁者たちによって

滅茶苦茶にされ滅びようとしている


その名前や罪状を書き記すのさえ

うとましく

汚らわしく

虚しい


今迄の歴史にも

安寧な時期は一つとして無かったが

これほど薄汚れた醜い時代になったこともなかったであろう







nice!(62)  コメント(30) 

1444 二人の男 [詩・エッセイ]


24日、25日、一泊二日で箱根山から鎌倉まで観光して来ましたが、

人、人、人の波と行列に並ぶのに時間を費やすだけの旅のような気もしましたが、

天気も良く、紅葉も美しく、

それなりに満足できる旅でした。



「二人の男」


その露天風呂は

海の見える長方形の形をしていた

わたしは一番風呂で真ん中のほうで湯船に浸かっていると

そこに

6~7歳くらいな男の子が勢いよく飛び込んで左端に入り

つづいて

90歳前後と思われる男の人がゆっくり右端に入ってきた

しばらくすると二人は申し合せたように

右端と左端に

すっぽんぽんの裸で並んで立って海を見た


大と小

ぴかぴかに光って湯を弾く肌と

しわしわにゆるんでしまった肌

これからたくさん使うであろう未来のある体と

使いきってしまい明日のない体に

朝の光があたる


左右対称の陰影

それは滑稽なようで

荘厳であり

歴史が繰り返されるのを見たような気がした


nice!(59)  コメント(34) 

1443 ポール・クロデール [詩・エッセイ]


ポール・クロデール


「日本は貧しい。しかし高貴だ。

      世界でただ一つ、どうしても生き残って

 欲しい民族をあげるとしたら、

それは日本人だ」      

                                                       (ポール・クローデール、一九四三年、パリにて)    

      

わたしは悍ましい事件が起きるたびに、

大正末期から昭和の初めにかけて駐日ランス大使を務めた詩人、ポール・クロデールの、

この言葉を想い出す。


でも、貴方は幸せだ。

貧しさは見たかもしれないが、

美しい魂も見たのだから。


わたしたちは、

座間市のアパートに九人の遺体が見つかったことも、

世界中で終わることの無い無差別テロがあることも、

眼を覆いたくなるような悲劇を、

悪性のバクテリアが増殖するような悲しみを、

これからも

見続けなければならないのだから。



nice!(57)  コメント(26) 

1442 団欒 [詩・エッセイ]


「団欒」


団欒という言葉が聞かれなくなって久しい。

そんなことを考えることじたいが老い耄れているせいなのかもしれない。

団欒は、

一概には言えないし今でもあるのはあるが、

その団欒の姿は、わたしの子供のころに比べると、

まるで違うものに生まれ変わってしまっているように見えてしまう。

何でもそうなのであるが、

新しい時代には新しい団欒が生まれるのであろうが、

囲炉裏や火燵などを囲んで車座に座って、

屈託のない言葉で、

その日にあった出来事を、

笑い声と共に家族みんなで

なごやかな雰囲気の中で楽しそうに語り合う光景とは程遠く見えてしまうのは、

昔は良かったなどと言う、

老い耄れの戯言なのであろうか。



nice!(49)  コメント(11) 

1441 文明 [詩・エッセイ]


「文明」


「地球のように文明の発達した惑星は、全宇宙の中には

二百万もあろうか、それほど文明の発達した環境は狂い

きわめて不安定になって、宇宙全体の時間からすれば瞬

間に近い時間帯の中で消滅してしまう」

                                       スティヴン・W・ホウキング



核開発を許し、あらゆる犯罪、拷問・虐殺・逆らうものは皆殺しにしてしまうロケットマンの国家北朝鮮。

四千年人民が選挙を一度もやったことのない一党独裁の国家中国

選挙の真似事はするが国民には一切関係なく、投票するのは役所の人がする独裁国家ロシア。

表向きは自由であるが、

絶対に相容れることのない偏狭で恐ろしい一神教の神々。


まるで絵に描いたような無法者同士の指導者が、

餓鬼大将のように罵り合い、

それらによって引き起こされる終わる事のない戦争や紛争、

それらにより逃げ惑う罪の無い難民たちと

殺人鬼のような無差別テロ・


その一方で、

生きたまま魚を料理する活き作りは残酷だからと言って

禁止するという偽善の国がある。

活き作りで殺される魚と無差別に殺される人々は

命の尊厳が同じなのである。

古来よりイルカやクジラを生業に暮らしてきた民族を野蛮だと騒ぎ立て、

金持ちに雇われた薄汚い猟犬のような奴たちが騒ぐ。


五十年に一度だとか、

百年に一度だとかという言葉を頻繁に垂れ流し使っている気象用語。

異常気象と言いながら日常語のように使っていれば、

それは、

もはや日常用語である。

それより、

そんな暴風雨が来るのが分かっているなら、

オリンピックよりも人命を大切にするなら、

河川を整備し、

山を治め、土手を補強して決壊を防ぐのが先決ではないのだろうか?


腐りきった土建屋政治と何もしない役所は、

今日も、

百年に一度の暴風雨が来るから、

命をなによりも大切にして避難してくださいと連発するだけ。

それは本末転倒、

何処か狂っている。


ホーキング博士の警告した言葉は現実のものになろうとしている。

nice!(30)  コメント(2) 
前の10件 | - 詩・エッセイ ブログトップ
メッセージを送る