So-net無料ブログ作成
アフィリエイト収入

1142 かみさま [詩・エッセイ]

やなせたかし先生責任編集の「投稿詩の季刊誌「詩とファンタジー」春萌号に、
僕の投稿した「かみさま」が掲載されました。
このブログにも二月に掲載したばかりなのですが、再掲載させて頂きます。
同じものを読みたくないと思われるお方はスルー願います。
残念なのは、
スペース不足でカラーページに掲載できなかった作品です 編集部とあります。
今迄に三度掲載して貰ったけれど、何れもスペース不足「星屑ひろい」の欄でした。
やなせたかし先生、一度くらいカラーページで掲載して下さいと、
不遜なことを言う僕でした。
 
 
「かみさま」
 
ぼくが三歳のころ
竹の棒をふりまわし
悪者の夏草を叩き斬りながら
かあちゃんと二人で
山道を歩いていた
 
かあちゃんの少し前を走っていると
山道の真ん中に
今までに見たこともない
恐ろしい姿かたちをした
怪物を見てしまった
 
ぼくは驚いて走ってもどり
かあちゃんにしがみついて報告した
「か か か かあちゃんかあちゃん
かみさまがいる かみさまが」
 
ぼくはけげんそうな顔をしている
かあちゃんの手を引っ張って
恐る恐る
かみさまのいる所へもどって見ると
 かあちゃんは大きな声を出して
笑いだしてしまった
 
ぼくが見たかみさまとは
青大将が大きな口をあけて
蝦蟇蛙を呑み込んでいる最中の
姿だった
 
そんなグロテスクな姿が
どうして神様に見えたのだろう
僕はあれから
暦をぐるりと一回りして来たというのに
どうして
そんなことを言ったのか
未だに解らないでいる
 
 
 

nice!(59)  コメント(36) 

nice! 59

コメント 36

スマイル

おはようございます
やなせたかしさんの「詩とファンタジー」にだなんて
最高ですね・・
未来さんの詩の素晴らしさがわかりますし、私も嬉しいです。
遅くなりましたが「おめでとうございます」
この詩も大好きです。
未来少年の驚きの様子が、目の前に展開しているように
よく見えます。
私も、子どもの頃の記憶がたくさんありますが、情景は浮かんでも
何故?という疑問を残している思い出があることを自覚しました。
未来さんの正直で素直な表現、なかなかできないと思います。
そんな表現力がとても素敵で羨ましいです☆
まとまりませんが、短い詩なのに、物語であると言えるほどに、
情景が見え、心の動きに引き込まれました☆
by スマイル (2012-04-24 07:21) 

未来

スマイルさんへ
ありがとうございます。
一番乗りで来て頂いて嬉しいです。
やなせたかし先生は高知の人で、その生き方に共感できて、
尊敬しています。
願わくば、カラーページに差し絵を描いてもらえるよう
これからも努力するつもりです。
何時も励まして頂いて感謝しています。
これからも宜しくお願いします。
by 未来 (2012-04-24 07:36) 

oko

あんぱんまんの作者の先生ですね〜♪
何度もスペース不足なんて、前回スペース不足
だったから今回は・・なんて考えないのでしょうか?
編集の方・・・
by oko (2012-04-24 08:22) 

未来

okoさんへ
そうなんです。
「手の平を太陽に・・・」の作詞者でもあるんですよね。
こうなったらスペース不足なんて言わせないような、
素晴らしい詩で応募します???

by 未来 (2012-04-24 09:06) 

yakko

お早うございます。
やなせたかしさんは高知県出身です。孫がまだ小さかった頃アンパンマンミュージアムと記念館へは何度か訪れました。メルヘンの世界です。
未来さんの「かみさま」が掲載されたそうでおめでとうございます。
三度も掲載ですか〜 さすが未来さんの詩はプロ級なんですね(∩.∩)
by yakko (2012-04-24 09:07) 

未来

yakkoさんへ
ありがとうございます。
いえいえ、とんでもない・・・。
でも、有難いことで感謝しています。
高知は、我が古里の愛媛県のすぐそばなので、
高知は古里のように感じています。
やなせたかし先生は、古里の誇りです。
by 未来 (2012-04-24 09:18) 

mimimomo

おはようございます^^
例えカラーページでなくても3度も掲載されたのですもの、凄い事ですよ。
おめでとうございます~w
by mimimomo (2012-04-24 09:41) 

未来

mimimomoさんへ
ありがとうございます。
mimimomoさんたちの励ましのお蔭で、
新しいものを書く勇気を与えて貰い感謝しています。
by 未来 (2012-04-24 09:57) 

ゆうみ

読んでいるうちに イメージが膨らんでいくの。
グロテスクなもの・・・日本で言えば仁王像 実は険しい顔の中に
慈愛があふれてる そんな気がする。
未来さんの作品は みずみずしくて 息づいてます。

by ゆうみ (2012-04-24 11:51) 

もももんがが

すごいですね!おめでとうございます。
この詩、私も大好きです。
この詩を読んでいると、なんだか過去へタイムスリップした気分になります。
そしてほわんと気持ちよくなるんですよね、不思議。


by もももんがが (2012-04-24 17:03) 

zak

以前にも読みましたが、
イメージ湧くなぁ〜、ほんとリアル感が面白い。
by zak (2012-04-24 18:44) 

タックン

投稿詩の季刊誌「詩とファンタジー」という冊子があるのですね。
カラーページのイメージがわかりませんが
でも3回も掲載されたんて すごいです!

未来さんの詩にはお母様が度々登場しますが
そのお母様を通して古き良き「昭和」という時代が見えてきます。
これからも楽しみにしています。
もちろんカラーページを期待していますね^^
by タックン (2012-04-24 20:50) 

ため息の午後

いつも情感溢れる詩、素晴らしいです。
そんな成果が形となって表れてよかったですね。
さすがです(笑)。
by ため息の午後 (2012-04-24 21:09) 

リック

ご心配頂きまして恐縮です、無事に復活いたしました、有難うございました^^
by リック (2012-04-25 06:19) 

未来

ゆうみさんへ
ありがとうございます。
子どもがイメージするものって、大人になってからでは
理解が出来ないところがありますね。

by 未来 (2012-04-25 07:34) 

未来

もももんががさんへ
ありがとうございます。
僕の想い出の中で一番古い想い出なんです。
母が、繰り返し繰り返し、その話をしていたので、
間違いなく一番古い想い出の証人なんです。
by 未来 (2012-04-25 07:39) 

未来

zakさんへ
ありがとうございます。
幼い頃から頭が悪くて記憶するのが苦手だったのですが、
不思議な事に、幼い頃の想い出は今も鮮明に残っています。
by 未来 (2012-04-25 07:42) 

未来

タックンさんへ
ありがとうございます。
最初は「詩とメルヘン」という月刊誌だったのですが、廃刊となり、
あらたに「詩とファンタジー」となって蘇りました。
いずれも、やなせたかし先生責任編集で今日にいたっております。

いつも元気が出て来るようなコメント、ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
by 未来 (2012-04-25 07:52) 

未来

ため息の午後さんへ
ありがとうございます。
親はかねめのものは残してくれませんでしたが、
それ以上のものを残してくれたと、今頃になって
親に感謝しています。
by 未来 (2012-04-25 07:55) 

未来

リックさんへ
それは何よりです。
本当に良かったです。
こうしてみると、健康であることが何よりも有難いですね。


by 未来 (2012-04-25 07:59) 

とうふさん

「詩とファンタジー」に掲載されるのですね♪
詩はこちらで拝見させて貰っていますが、
本誌も手に取って読ませて貰おうと思います。

やっぱりいい作品は評価されるものですよね。
とうふさんも頑張ろうっ!(笑)
by とうふさん (2012-04-25 15:06) 

じゅりあん

「詩とメルヘン」は昔、よく買っていました。
懐かしいです。
廃刊になったのは知っていましたが
今は「詩とファンタジー」という季刊になっているんですね。
by じゅりあん (2012-04-25 23:19) 

未来

とうふさんへ
ありがとうございます。
お手数をおかけして申し訳ないです。

とうふさんの童話も楽しみにしています。
by 未来 (2012-04-26 06:56) 

未来

じゅりあんさんへ
そうなんです。
「詩とメルヘン」は株式会社サンリオでしたが、
「詩とファンタジー」は、株式会社かまくら春秋社に代わりましたが、
責任編集者は同じ、やなせたかし先生です。

by 未来 (2012-04-26 07:01) 

gwan3

未来少年の感性はすばらしいですね。
考えてみれば、神様は美しいものというのは、根拠(証拠?)のない思い込み。美も醜も、善も悪も、すべてを含んだものが神さまであると、その時未来少年は直感したのでしょうか?
掲載おめでとうございます ^_^)/
by gwan3 (2012-04-26 10:58) 

吉之輔

こんにちは、随分ご無沙汰してます。此れからも宜しく願います。
by 吉之輔 (2012-04-26 15:17) 

あゆさこ

三度も、掲載されるなんて、未来さん、素晴らしいですね!(*^_^*)

同じ詩でも、「龍の目」を読んでから、また、読んで見ると、お母さんとの繋がりが増して、また、以前読んだ時と、違った感じがしますよ。(*^_^*)

読めば読むほど、ますます、味が出る「詩」なのでしょう!(噛めば噛むほど、味が出るを引用)(笑)
by あゆさこ (2012-04-26 21:18) 

未来

gwan3さんへ
ありがとうございます。
とても、とても、とても出来の悪い子どもでした。
あれから半世紀以上たっているのに、どうしてあの言葉が出たのか
本人も理解に苦しんでいます。

by 未来 (2012-04-27 06:33) 

未来

吉之輔さんへ
いえいえ、とんでもありません。
こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。
by 未来 (2012-04-27 06:35) 

未来

あゆさこさんへ
ありがとうございます。
そんな風に読んでもらえて嬉しいです。
僕は小さい頃から、まったく勉強のできない子どもだったのですが、
親から、その事について責められることもなく、
のんびり過ごせたのは有難かったと思っています。

by 未来 (2012-04-27 06:43) 

ミントパパ

永らくご無沙汰いたしました。
北国もようやく桜が咲き始め、やっとやっと春が来ました。
春が来たら心も少し軽くなり、気力も湧いてきました。
これからまたお邪魔させていただきます。

僕は蛇が大嫌いです。
道路で蛇の轢死体を見ただけで、暫くの間はその道路を通りません。

昔は青大将がいましたよね。
今はシマヘビのような(じっくり見ることなど有り得ません)のばかりで青大将らしきものは見掛けなくなりました。
by ミントパパ (2012-04-28 08:21) 

未来

ミントパパさんへ
それは良かったです。
やっぱりミントパパさんが元気でないと面白くありません。

桜が咲き始めましたか、ご馳走を食べてしまったものが、
人が食べているものを欲しがるようなものですが、
何か羨ましいですね。

この間、畑で青大将見ましたよ。
青大将は、こちらが踏んづけない限り噛みつかれることはありませんが、
ぼくも蛇類は苦手です。

by 未来 (2012-04-29 06:32) 

つなみ

ご掲載おめでとうございます!(*´∇`*)
by つなみ (2012-05-02 10:54) 

未来

つなみさんへ
ありがとうございます。
今度は、挿絵入りのカラーページでけいさいされるよう頑張ります。

by 未来 (2012-05-02 19:56) 

ゆめ乃

何度ものご掲載、本当にすごいですね。
おめでとうございます。
詩の一つひとつから絵が見えてきますから、
カラーのページへの掲載も、もうすぐ♪
ちょっと遅いぐらいですけどね^^
by ゆめ乃 (2012-05-30 20:20) 

未来

ゆめ乃さんへ
ありがとうございます。
ゆめ乃さんのようなお方から、そんなことを言って頂くと、
穴があったら入りたい気持ちです。
by 未来 (2012-05-31 07:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。