So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アフィリエイト収入

1448 神田神保町 [詩・エッセイ]


ぐうたらな性格である私は、

自分を追い込まなかったら何もしないで歳を取るばかりの男です。

それは自分の過去をふり返って見れば一目瞭然なので、

それならばと奮起して新しい小説を書くことにしました。

題名は「神田神保町」です。

この題材は十数年前から温めていたもので、

物語は、

東京の神田神保町の古書街で出会った若い二人の男女が恋をして結ばれ、

共に五十代にさしかかった頃、

或る日突然、最愛の妻に先立たれ苦悩し再起する物語です。

書き始めたのは

七十四歳になった私の誕生日の12月24日のクリスマスイブの日でした。

完成するのは今年の誕生日の予定です。

壊れかかった頭なので、

この小説は完成するかどうかは分りません。

どうして頭の壊れかかった今になって書くのでしょう?

自分でも理解出来ません。

強いて言うなら「神田神保町」の題名が気に入っているから、

どうしても、これだけは書きたかったのかもしれません。



(その中の一章の断片より)

第二章・神田神保町

神田神保町は世界一の本の街であるが、私と雅子にとって青春そ

のものの街であった。                                                     

神田神保町古書街は、主に、東京都千代田区神田神保町にある古

書店などが密集している場所の総称であり、岩波書店、小学館、な

どの大手出版社、印刷所、新館を扱う一般書店の他に、専修大学、

明治大学、日本大学など大学、学術関係の施設もあり、これらが一

 体となって本の街、神田神保町を形作っている。         

神田神保町には、十月下旬より、十一月初旬にかけての十日間、

神田古書連盟による最大の年中行事「神田古本祭」が開催される。

書物に関する様々なイベントを通し、多くの読書人に支持され、

近年は東京名物として定着し、日本全国はもとより、海外からも

多くの人々が訪れている。                 

靖国通りの歩道には、古書店百六十店、在庫一千万冊を誇る青空

古本市と呼ばれる書店と書棚に囲まれた約五百メートルの回路出

現する。                                                                      

そこには本の街の文化遺産、希少書の展示、博物館や美術館でしか

見られない古典籍から肉質資料、近代初版本、普段店頭には見られ

ない内外の貴重書籍を集めたイベントがあり、本好きのお宝探しに

は堪らない催しものである。                                              


   私と雅子の出会いは神田神保町の古本屋であった。         

私が田舎の高校を卒業して東京の葛飾区にある鉄工所に就職して間も 

ない頃で、雅子は成城の高級住宅街の大邸宅に住むT大学経済学部の二

回生で私よりも一つ年上であったが、その境涯も天と地ほどの違いが

あった。                           




                           




          

                 



nice!(65)  コメント(32) 

nice! 65

コメント 32

タカタカ

ぜひやり遂げて下さい
ぐうたらな性格なら未来さんには負けませんよ~
74才で目標を持って前向きの姿勢には頭が
下がります、今年77才を迎える僕には到底できないでしょう
未来さんならきっとやり遂げると信じています
70代を代表して頑張って下さい、応援しています^-^

正月のずぼらが昨日から祟り、横になっています^_^;
by タカタカ (2018-01-11 13:55) 

ニッキー

私もぐうたらな性格なので、自分で目標を設定しないと・・・^^;
そして目標達成の為には確実にかみさんの協力が必要というw
「神田神保町の古書街」題名だけでもロマンを感じます(^O^)
完成お待ちしております!(^^)!
by ニッキー (2018-01-11 14:19) 

未来

タカタカさんへ
ありがとうございます。
何時もタカタカさんには励ましてもらうばかりで恐縮しております。
頭の中に隙間が出来ている所為なのでしょうが、
物忘れが酷く、新しいものが覚えられません。
それは「ノスタルジア物語」でも同じでしたから、
とにかく頑張ってやるつもりです。

同感です。
正月は疲れるものですね。
by 未来 (2018-01-11 14:21) 

未来

ニッキーさんへ
ありがとうございます。
自分でも題名だけは気に入っているので、
どうにか完成させたいものだと願っております。
ニッキーさんは行動的で、
何事も素早くされるというイメージがあるのですが、
仲間が増えて嬉しいです。
かみさんの協力がなかったら何もできないですね。
by 未来 (2018-01-11 14:29) 

hatumi30331

目標を持つっていい事ですよね。^^
頑張って下さいね。
寒いので、カイロ使ってます。へへ
by hatumi30331 (2018-01-11 15:03) 

yakko

こんにちは。
神田神保町という名前だけは知っていました。二人の出会いも
素敵ですね。 作品が楽しみです。頑張って下さい !!(*^^)v
by yakko (2018-01-11 15:11) 

みぃにゃん

本の街なるほどそうなんですね。始めて知りました。
ぐうたらなのはほとんどの人がそうかもしれません。まだ目標を自分で設定するだけでもぐうたらでないとおもいます。
私なんてそれ以下かもしれませんから・・・。
by みぃにゃん (2018-01-11 15:12) 

mimimomo

こんにちは^^
新たな小説に挑戦。頑張ってください。
人間って概ね誰でもぐうたらなのでは?^^ それを理性で押し込めると言うか
それなりに工夫して生きているのだと思いますよ。
神田神保町、時代劇に出てきますし、わたくしは一時期小川町にある
会社で働いていましたので、何となく懐かしい場所です。
出来上がるのを楽しみにしています。
by mimimomo (2018-01-11 15:17) 

いろは

こんにちは^^
「神田神保町」懐かしい響きです。
子供の頃、父に連れられて行った記憶があります。
新しい事にチャレンジするのは素敵な事だと思います。
まだ74歳お若いですよ〜楽しみにお待ちしております。
今回はどのような恋愛でしょう^^
by いろは (2018-01-11 15:25) 

旅爺さん

今年中に仕上げるとは長い旅路ですね。後350日です、頑張れ!”
自叙伝みたいに感じますが?。
by 旅爺さん (2018-01-11 17:28) 

タックン

「神田神保町」いい題名ですね。
今度は町風景が多く出るのでしょうか。
まだまだ挑戦ですか! 私も頑張らなくては^^
by タックン (2018-01-11 20:42) 

いっぷく

神田神保町、編プロの街ですね。
取引先があったのでよく行きました。
独特の雰囲気がある街で学生も多く、
新宿や渋谷とはまた違う活気を感じました。
若かったから余計にそう思ったのかもしれません。
by いっぷく (2018-01-11 20:51) 

yoko-minato

素晴らしいことだと思います。
今年のお誕生日には完成されるとのこと。
楽しみにしています。
読ませて頂けたらと・・・
by yoko-minato (2018-01-12 06:58) 

未来

hatumi30331さんへ
ありがとうございます。
自分自身を奮い立たせるには、鞭をもって追い立てるか、
そうせざるを得ないようにしなければ動かない自分が情けないです。
by 未来 (2018-01-12 08:32) 

未来

yakkoさんへ
ありがとうございます。
yakkoさんは本好きだから知っておられると思っていました。
小説を書くと、過ぎ去ってしまった時代に出会うことでもありますし、
楽しんで書きたいと思います。
by 未来 (2018-01-12 08:36) 

未来

みぃにゃんさんへ
本好きの私にとっては神田神保町は聖地なんです。
目標を宣言して公表すると、
それをやらなければ嘘つきになります。
嘘つきになりたくないからやるという具合です。

by 未来 (2018-01-12 08:46) 

未来

mimimomoさんへ
ありがとうございます。
恥ずかしながらも打ち明けますが、
私は神田神保町に憧れて何度も行く計画を立てたのですが、
まだ行ったことがありません。
なるべく早い時期に行って調べようとは思っているのですが、
私らしいですね。
by 未来 (2018-01-12 08:51) 

未来

いろはさんへ
ありがとうございます。
いろはさんには呆れられるかもしれませんが、
mimimomoさんにも書いているように、
神田神保町には行ったことがないと言ったら嘘になります。
そこを通ったことはあるのですが、
時間がなくて見ることが出来なかったのです。
今回の恋は、恋をしたら魔法のように、
すべての物が平等になる様な恋だと思います。

by 未来 (2018-01-12 09:03) 

未来

旅爺さんへ
ありがとうございます。
自分でもよくわかるのですが、
頭の中の隙間はかなり酷くなっているように感じます。
その頭を使ってのものなので、
誕生日に完成すれば御の字だと思っています。
by 未来 (2018-01-12 09:07) 

未来

タックンさんへ
ありがとうございます。
本が好きで、読書が好きで、
子供の時の夢は本屋さんで働くことでした。
他の人にも書いたのですが、
恥ずかしながら神田神保町は、そこを通っただけなんです。
でも、頭の中では勝手に地図が描かれています。
同じ東京でも、古書街は好きですが、
摩天楼のような東京は好きではないです。
by 未来 (2018-01-12 09:15) 

未来

いっぷくさんへ
恥ずかしながら先ほどから書いているのですが、
神田神保町は一度だけ通っただけなので、
とても偉そうなことは云えないのですが、
独特の雰囲気がある町だと感じました。
なるべく早く取材に行かなければと思っています。
by 未来 (2018-01-12 09:24) 

未来

yoko-minatoさんへ
ありがとうございます。
読んでくださるという言葉に勇気をいただきました。
たとえ独りよがりで書いたとしても、
人様に呼んでもらえない小説は不憫なものです。
壊れかけた頭ですが、
一生懸命頑張って書きあげたいと思っています。
by 未来 (2018-01-12 09:30) 

リュカ

おおお!とっても楽しみです。
またまた未来さんの美しい日本語を堪能できるのかな。
by リュカ (2018-01-12 10:41) 

未来

リュカさんへ
ありがとうございます。
リュカさんに、
そんなことを云って褒められると穴があったら入りたいです。
僕の日本語はたっぷり時間を掛けて発酵させないと、
リュカさんのような達者な人には見せられないのが辛いです。
by 未来 (2018-01-12 10:59) 

oko

素晴らしいです!!
目標があるって素晴らしいですね・・
小さな一歩も重なれば大きな足跡に・・・ですねっっ
by oko (2018-01-12 11:12) 

未来

okoさんへ
ありがとうございます。
自分で云うのも何なんですが、
私は本当にズボラなので制約を掛けないと動けないんです。
だからブログに書いたんです。
でも小説を書いているときは幸せです。
by 未来 (2018-01-12 12:20) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

昨日、登山同好会の新年会がありました。その中の一人が経済レポートを1冊の本にまとめ出版しました。わたしは若いとき、ノンフィクション・ジャンルの文章の書き方を基本から学び、卒業後同人に10余年籍を置き、大宅壮一ノンフィクション賞を狙った時期もありました。小説とはジャンルが異なりますが、読み手に感動を与える文章作りは難しいですね。同年齢、頑張ってください。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2018-01-22 17:09) 

lamer

義父もメッキの本を探しに神保町に通ったそうです。
私も縁あって今神保町に月一回足を運んでいます。
本と学生の街が中々奥が深くて・・・。
楽しみです。
by lamer (2018-01-23 17:55) 

未来

暁烏英さんへ
ありがとうございます。
謙遜して言うつもりはまったくないのですが、
無学文盲である私は、
事あるごとに難題に突き当たり悪戦苦闘をしております。
もう少し勉強をしておけばよかったと、
今頃になって後悔しております。
励ましのお言葉感謝しております。
by 未来 (2018-01-25 09:10) 

未来

lamerさんへ
毎月神田神保町に行っておられるとは羨ましい限りです。
私は本物の無学文盲の徒なのですが、
幼い頃から読書をするのだけは大好きでした。
本の聖地である神田神保町は憧れの街なんです。
by 未来 (2018-01-25 09:29) 

mimimomo

神田神保町までって容易く来れないですねぇ~
遠すぎでしょ^^
by mimimomo (2018-01-25 15:54) 

未来

mimimomoさんへ
恥ずかしながら神田神保町に行ったのは一回きりで、
僅かな時間しかおれませんでした。
だけど神田神保町は本の聖地、憧れの土地なんです。
今度こそ、たっぷりと時間を取って行くつもりでいます。
by 未来 (2018-01-25 18:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。