So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アフィリエイト収入

1452 グッドラック [詩・エッセイ]


グッドラック


街に雪の降る寒い朝であった。

 あの独特のスタイルで首を前後に振りながら、

一握りの糧を求め、

行楽地に向かう人々がごった返すモータープールの中を歩いている。

その姿は、

施しを断られても、断られても、悪びれることもなく、

寒風吹き荒ぶ貧しい村を素足で行脚する修行僧のように見えた。  

左右に体が大きく揺れる鳩の足元を見れば、

犬か猫にでも咬まれたのか?

それとも、

生れながらのものなのかは知る由もなかったが、

右足は短く、歪に引き攣り、湾曲しているから、

果たして飛ぶことはできるのだろうかと訝しく思った。

なおもその鳩は、

美食を求め、景勝地を求め、温泉地を求め、

何もすることの無くなってしまった有閑爺と、有閑婆たちが群れを成す

モータープールの中を、

生き抜くために必死になって足を引き摺りながら、

ときどき首を横に傾げ、

一人一人に頭を下げで行脚する。

歩いても、歩いても、五分たっても、十分たっても、

その鳩は一握りの糧も得ることはできなかったが、

それでも鳩は根気よく、一握りの糧を求めて歩き続けた。

私は我慢できずに、

非難されるのを覚悟で、

カバンの中からピーナツの袋を取出すと一粒ずつ与えた。

鳩は貪るように食べ続け、与えなかったら私の指を突いて催促をする。    

それを何処かで見ていたのか、

小さな雀が一羽寄って来たので、

ピーナツを細かく砕いて路面にばら撒いてやったら、

鳩と雀は、喧嘩もせずに仲良く啄み始めた。

バスに乗る時間になったので、

鳩と雀を近くの草むらに誘い、残りのピーナツをばら撒きながら、

私は気取って呟いた。     

「グッドラック」と。     



nice!(55)  コメント(28) 

nice! 55

コメント 28

mimimomo

こんにちは^^
街の中の鳩、一羽も珍しいですね~ わたくしが知る鳩は集団でこちらが恐れをなすくらい飛び回っています。集団って怖い。人間の集団もですけれど(-。-
一羽の鳩は何故一羽だったのかな~仲間に置いて行かれたのかなー
by mimimomo (2018-03-22 12:28) 

未来

mimimomoさんへ
ぴっこを引いていましたから、
仲間と一緒に行動はできないのだと思いました。
それに体が不自由だと犬や猫に襲われることも多いですね。
ほんと、鳩も人間も集団は怖いです。
by 未来 (2018-03-22 12:40) 

yoko-minato

鳩の動きをよく見ていらしたのですね。
良くいく海辺ではカラスとトンビと雀が
入り混じって餌を探して飛んでいます。
群れを作っているのですがトンビが一番
強いかと思ったのですがそうでもない鳥の
世界を垣間見ました。

by yoko-minato (2018-03-22 12:41) 

yakko

こんにちは。
一羽の鳩さん、何があったのでしょうか〜
未来さんのピーナツに救われましたね。そして雀さんも・・・
by yakko (2018-03-22 12:43) 

未来

yoko-minatoさんへ
ほんとに不思議な光景でした。
幾ら人に慣れているからといって、
わざわざ人のいる所に行ってねだっているようでした。
猛禽類は別ですが、
餌などは仲良く一緒に啄んでいることが多いですね。
by 未来 (2018-03-22 12:55) 

リュカ

札幌の大通公園にいる鳩を見ていると
我が物顔で、おやつをもらえるのは当然だって感じで
人に近づいてきてるので「あげないよ!」なんて思っちゃってますが、本当は生きるに必死ですよね。
ピーナツ美味しかっただろうな^^
by リュカ (2018-03-22 12:59) 

未来

yakkoさんへ
何ものかに足を噛まれたのだと思います。
犬や猫や小鳥たちが飢えているのを見るのは辛いですね。
餌をやらないでくれと言って怒る人もいますが、
怒られても餌はやりたいです。
by 未来 (2018-03-22 13:01) 

未来

リュカさんへ
同感です。
ほんと、馴れ馴れしいのですが、
生きるのに必死なのでしょうね。
助けたこともあるのですが、
足が不自由だと命が危ないですから。


by 未来 (2018-03-22 13:09) 

みぃにゃん

この季節はグッドラックが似合いますね。お互いの幸せを願って。
by みぃにゃん (2018-03-22 14:48) 

hatumi30331

生まれつきや、人のせいで、足が悪くなってる鳩、多いです。
頑張って自分で生きて欲しいね。

関空は、ラッシュ時になると、飛行機がバンバン飛び交います。
見てると飽きないけどね。^^
by hatumi30331 (2018-03-22 14:50) 

いろは

こんにちは^^
やはり餌をあげるのは躊躇いがありますが
私もきっとそうしたと思います。
もしかしたらその鳩はその後、命を落としたかも
知れませんが...。
本当に「グットラック」ですね^^
by いろは (2018-03-22 14:53) 

未来

みぃにゃんさんへ
そう言われてみるとその通り、
この言葉はこの季節がよく似合いますね。
あの体の不自由な鳩に幸運を願わずにはいられませんでした。
by 未来 (2018-03-22 15:26) 

未来

hatumi30331さんへ
同感です。
体の不自由な弱い動物が生きていくのは大変です。
逞しく生きてくれるように、
幸運を願うしかありません。

by 未来 (2018-03-22 15:39) 

侘び助

孫が小さかった頃よく東京〈通過点)に帰路の新幹線ホームには
よく鳩が舞い降りてきました、1羽のハト足首から先がありませんでした。
僅かな時間・餌をやることはありませんでしたが、何かに轢かれたかな?
哀れに思った事がありましたね。
by 侘び助 (2018-03-22 15:40) 

未来

いろはさんへ
ありがとうございます。
いろはさんの言われている通り、
傷ついた鳩が、犬や猫や猛禽類に襲われているのを
何度も目撃したことがありますし、
それを助けたこともあります。
幸運を願うしかありませんね。
by 未来 (2018-03-22 15:48) 

未来

侘助さんへ
どうすることも出来ない時に、
そんな傷ついた鳩を見るのは辛いものがありますね。
野生の鳩にとって生きていくだけでも大変なのに、
心が痛みます。

by 未来 (2018-03-22 15:56) 

旅爺さん

身体障害鳩なんですね、地上生活でよく無事ですね。
餌をあげて着いてくると可愛くなっちゃいますね。
by 旅爺さん (2018-03-22 17:17) 

Kiki

こんにちは !
足の不自由な鳩 結構多く見かけます。
釣り糸などが絡まり傷付き不自由になったりするのは人間の不始末が原因な事もあるのに 野性の生き物を助けたりするのは自然界を脅やかすことになる・・と言われ問題も。
見て見ぬふりは辛いものがあります。
それでも庭先でミカンやお米などをあげるのは深く問われてないですね。

by Kiki (2018-03-22 17:48) 

未来

旅爺さんへ
障害を背負った鳩は襲われやすいですね。
そんな光景を何度も見ましたし、助けたこともあったのですが、
その後は、どうなったか分かりません。
by 未来 (2018-03-22 18:53) 

lamer

最近つがいのカラスを見かけます。
時には一羽と二羽だったりします。
春ですね。
by lamer (2018-03-22 18:56) 

未来

kikiさんへ
本当に足の不自由な鳩は多いですね。
人間の無責任な行為で傷つく、
自然に生きている動物たちが気の毒でなりません。
弱い動物たちと共存できるような社会であってほしいものです。
海の中のプラスチックゴミは深刻な問題になっており、
野生の鳥たちが被害を受けていますが、そのうち人間が
しっぺ返しを食らうことになるのではないでしょうか。


by 未来 (2018-03-22 19:10) 

未来

lamerさんへ
野生の鳥たちは自然の摂理のまま生きているんですね。
同じ生き物なのに、
人間だけが自然に逆らって生きているような気がしてなりません。
by 未来 (2018-03-22 19:15) 

ニッキー

有閑爺さんや有閑婆さんの間で生きるために必死な鳩、
そしてやっと与えてもらったピーナッツを
スズメが食べに来ても追い返すことなく仲良く啄む。
その姿には感動すると共に色々考えさせられます。
「グッドラック」頑張ってる相手には一番似合う言葉ですね。
さすが未来さんです=(^.^)=


by ニッキー (2018-03-22 21:22) 

未来

ニッキーさんへ
ありがとうございます。
ニッキーさんのような御方に褒めていただいて嬉しいです。
感謝です。
鳥や獣たちには善悪は無いので、
傷ついていたり弱っていたら獲物として狙われます。
そういうものたちには幸運を願うだけですね。
by 未来 (2018-03-23 07:48) 

いっぷく

鳩は人馴れしていてずいぶん近くまで寄ってくるので
自転車のときなどはぶつかりそうで怖いです。
この鳩も人間に近寄りすぎて怪我をしたのでしょうか。
いずれにせよ、この先生きていくのは大変ですね。
by いっぷく (2018-03-23 08:50) 

未来

いっぷくさんへ
鳩は馴れ馴れしいですね。
近くの公園に行ったとき、餌も何も持っていないのに
私の肩に乗っかったこともあります。
ほんと、傷ついている鳩が襲われるのを見たことがありますし、
これから生きていくのが大変だと思います。
by 未来 (2018-03-24 12:20) 

タックン

ご無沙汰しております。
インフルエンザでは大変な思いをされましたね。
もうすっかりよろしいのしょうか。
以前片足が不自由なカラスと友達になったことがあります^^
アシワルと名付けてついつい餌を与えてしまいましたが
どこが後ろめたい気持ちもありました。
私の姿を見ると前に後ろにと付いてきて、そんな関係が3年ほど続きましたが、ある日ぱたりと見えなくなって、しばらくは寂しい気持ちでした。
片足のない鳩もよく見かけますね。
元気に生き抜いて欲しいと思います。
by タックン (2018-03-28 16:52) 

未来

タックンさんへ
ご心配をおかけしましたが、
どうにか畑に出て働けるようになりました。
タックンさんと方足が不自由なカラス、
微笑ましい光景が目に浮かんでくるようです。
方足が不自由な鳥は、ほんとよく見かけますね。
その行く末を考えると暗い気持ちにもなりますが、
幸運を願わずにはおれない気持ちです。
by 未来 (2018-04-01 11:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。